「JCB」が発行するクレジットカード7枚の旅行保険を徹底比較!

未分類

JCBが発行するクレジットカードの旅行保険を徹底比較します!

「旅行保険が優れている!」と噂のJCBクレジットカード。
これから旅行される方の中には、JCBが発行するクレジットカードの旅行保険が気になる方も居るのでは?

1,000万円の治療費を請求され、破産することもある海外旅行。
そのため、JCBクレジットカードで旅行保険を補うなら、多角的に比較する必要があります!

ただ、そうはいってもクレジットカードを比較するのは大変ですよね。
そこで今回は、JCBが発行しますクレジットカードの旅行保険を、当サイトが徹底比較します!

「補償内容・補償額・適用条件」など比較し、おすすめのクレジットカードを紹介するので、参考にしてみてください。

「一般・ゴールド・プラチナ」の補償内容がこちら!

ランク毎の旅行保険比較表
JCB
一般カード
JCB
ゴールドカード
JCB
プラチナカード
券面 比較1:JCB一般カード 比較2:JCBゴールドカード 比較3:JCBプラチナカード
国際ブランド JCB JCB JCB
年会費 1,250円 (税抜) 10,000円 (税抜) 25,000円 (税抜)
海外 死亡傷害 3,000万円 1億円 1億円
後遺障害 3,000万円 1億円 1億円
怪我治療 100万円 300万円 1,000万円
疾病治療 100万円 300万円 1,000万円
賠償責任 2,000万円 1億円 1億円
携行品損害 [限度]1旅行中:20万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行中:50万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行中:100万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
救援者費用 100万円 400万円 1,000万円
国内 死亡傷害 3,000万円 5,000万円 1億円
後遺障害 3,000万円 5,000万円 1億円
入院費用 5,000円 5,000円
通院費用 2,000円 2,000円
手術費用 入院日額×10倍
(10倍/20倍/40倍)
入院日額×10倍
(10倍/20倍/40倍)
適用条件 海外:利用付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:自動付帯
海外:自動付帯
国内:自動付帯
家族
特約
[海外]
死亡傷害 1,000万円 1,000万円
後遺障害 1,000万円 1,000万円
怪我治療 200万円 200万円
疾病治療 200万円 200万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円
携行品損害 補償:100万円
免責:3,000円
補償:100万円
免責:3,000円
救援者費用 200万円 200万円
適用条件 海外:自動付帯 海外:自動付帯

※保険金額はいずれも最高額を示します。

JCBの各ランクにおける旅行保険は、上記の比較表通りです。

JCB発行のクレジットカードは、旅行保険の補償額が高いことで有名。
他のクレジットカードと比較して評価が高いので、手厚い保険を受けたい方におすすめです!

ただ、海外ではJCB加盟店が少ないため、決済するとなるとクレジットカードを使いにくい場面も。
そのため、どうしても「VISA・Mastercard」のクレジットカードを1枚は持っておきたい点が、デメリットとなります。

【参照】旅行保険がおすすめのクレジットカード (VISA編)
【参照】旅行保険がおすすめのクレジットカード (Mastercard編)

その他4枚の補償内容がこちら!

JCBクレジットカードの旅行保険比較表
JCB EIT JCB CARD W JCB CARD R JCB CARD
EXTAGE
券面 比較4:JCB EIT (エイト) 比較5:JCB CARD W 比較6:JCB CARD R 比較7:JCB CARD EXTAGE (エクステージ)
国際ブランド JCB
年会費 0円
死亡傷害 2,000万円
後遺障害 2,000万円
怪我治療 100万円
疾病治療 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 [限度]1旅行中:20万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
救援者費用 100万円
適用条件 自動付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯

※保険金額はいずれも最高額を示します。

上記の比較表を見るに、各クレジットカードの補償額は4枚とも一緒。
しかし「JCB EIT (エイト)」のみ適用条件が自動付帯なので、一歩秀でています!

では、他のクレジットカードはどうなのか比較してみましょう!

「JCB CARD R」は、支払い方法がリボ払いのみという特徴のクレジットカード。
旅行保険が利用付帯なのを考えると、多額の手数料を払うことになりえるため、旅行保険だけを比較したときはおおすすめしません。

「JCB CARD EXTAGE (エクステージ)」は機能性こそ高いクレジットカードです。
しかし、性能やサービスなど総合的に比較すると「JCB CARD W」の方が使い勝手はおすすめ!

そのため、同年会費・同旅行保険なら「JCB CARD W」を発行する方が良いでしょう。

どの旅行保険が1番おすすめ?

旅行保険がおすすめのJCBクレジットカード

旅行保険のみ比較するなら「JCBゴールド・JCBプラチナ」がおすすめです!

この2枚は海外旅行保険だけでなく国内旅行保険も備えており、尚且つ両方とも自動付帯。
また、同ランクにおける他のクレジットカードと比較して年会費も手頃なことから、コストパフォーマンス面で見ても最適です。

特にJCBプラチナは「怪我・疾病」の治療費に最高1,000万円を捻出可能。
他のプラチナクレジットカードと比較すると3~5倍も高い補償額なので、最高クラスの旅行保険と言えるでしょう。

ただ、そうはいってもプラチナランクなので、審査が通りにくいのが現実。
そこで、審査が通りやすく且つ低年会費の他5枚を比較し、その中からおすすめのクレジットカードを紹介します!

JCB EIT (エイト)

旅行保険の優れたJCBクレジットカード

上述した通り、こちらは適用条件が自動付帯のクレジットカード。
他と違い旅行保険を利用するための条件が無いクレジットカードなので、使い勝手が良いです!

欠点はリボ払い専用クレジットカードという点ですが、設定次第で手数料0円できます。

「JCB EIT」のリボ払いは、支払いの設定額を「5,000円以上・1,000円単位」で変更可能。
その設定額が請求額を上回る場合、リボ払いによる手数料を0円にできます。

例えば、設定金額を30,000円とした場合、以下のようになります。

  • 20,000円の請求:設定金額が上回るので手数料は0円
  • 40,000円の請求:設定金額が下回るので手数料が発生

要は「利用額が設定金額を超えない限りは手数料が掛からない」ので、手数料を0円に抑えられるのです!

18歳以上なら誰でも申し込める他、リボ払い専用クレジットカードなので審査レベルは他と比較して甘い方。
そのうえ年会費が無料なので、おすすめのクレジットカードです!

自動付帯のクレジットカードも比較しよう!

旅行保険が自動付帯のクレジットカード

日本と比較して、海外は治療費の高い国が多いです。

そのため、発行するのが「JCBゴールド・JCBプラチナ」ならまだしも、それ以外のクレジットカードでは1枚だけだと心許ないと言えます。

幸いにも、クレジットカードの旅行保険は「別クレジットカードの旅行保険と合算できる」ので、それを考慮して比較するのがおすすめです。

こちらで合算に適したクレジットカードを比較し紹介しているので、参考にしてみてください。

合算に適したクレジットカード

タイトルとURLをコピーしました