Amex(アメックス)のクレジットカードにおける旅行保険を手徹比較!

未分類

国際ブランドが「American Express (以下:Amex)」のクレジットカードにおける旅行保険を徹底比較します!

ステータス性の高さから人気のクレジットカードブランド「Amex(アメックス)」。
そんなステータス性ゆえに、Amex系クレジットカードの旅行保険はさぞかし優れていると思う方も居ることでしょう。

では、実際に旅行保険は優れているのでしょうか?

今回は、そんなAmex系クレジットカードの旅行保険を徹底比較!
またクレディセゾンが発行するAmexのクレジットカードも比較するので、ご覧ください。

「Amex(アメックス)」のおすすめがこちら!

Amex系クレジットカードの旅行保険比較表
アメックス
カード
アメックス
ゴールドカード
アメックス
プラチナカード
券面 比較1:Amex Card 比較2:Amex Gold Card 比較3:Amex Platinum Card
年会費 12,000円 (税抜) 29,000円 (税抜) 130,000円 (税抜)
海外 死亡傷害 5,000万円 自動付帯分:5,000万円
利用付帯分:5,000万円
自動付帯分:5,000万円
利用付帯分:5,000万円
後遺障害 5,000万円 自動付帯分:5,000万円
利用付帯分:5,000万円
自動付帯分:5,000万円
利用付帯分:5,000万円
怪我治療 100万円 自動付帯分:200万円
利用付帯分:100万円
1,000万円
疾病治療 100万円 自動付帯分:200万円
利用付帯分:100万円
1,000万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円 5,000万円
携行品損害 [限度]1旅行:30万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行:50万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行:100万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
救援者費用 200万円 自動付帯分:300万円
利用付帯分:100万円
1,000万円
国内 死亡傷害 5,000万円 5,000万円 1億円
後遺障害 5,000万円 5,000万円 1億円
入院費用 5,000円
通院費用 3,000円
手術費用 20万円
適用条件 海外:利用付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯
家族
特約
[海外]
死亡傷害 5,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 5,000万円 1,000万円 1,000万円
怪我治療 100万円 200万円 1,000万円
疾病治療 100万円 200万円 1,000万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円 5,000万円
携行品損害 [限度]1旅行:30万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行:50万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
[限度]1旅行:100万円
[限度]保険期間:100万円
免責:3,000円
救援者費用 200万円 300万円 1,000万円
家族
特約
[国内]
死亡傷害 5,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 5,000万円 1,000万円 1,000万円
入院費用 5,000円
通院費用 3,000円
手術費用 20万円
適用条件 海外:利用付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯

上記は、Amex系クレジットカードの旅行保険を比較した表です。

比較表を確認する限り、Amex系クレジットカードの旅行保険がバランス型。
各補償に対して補償金額を用意している他、国内外で使える家族特約も備えた、充実度の高いクレジットカードと言えます。

ただ、各補償金額を比較する限り、年会費の割に高くない印象があります。
他のクレジットカードと比較すると、もっと低年会費で同等の旅行保険を備えたクレジットカードもあるので、そちらを利用する方がお得です。

また「アメックス・プラチナカード」は高額補償を受けられるものの、審査基準が厳しいのが現状。
年会費は130,000円と高く、自動付帯のクレジットカードで合算する方が安上がりです。

旅行保険以外のサービスに惹かれ、Amex系クレジットカードを作るのは賛成です。
しかし、旅行保険を基準にAmex系クレジットカードを選ぶべきか…となると、Amex系以外のクレジットカードでも良いことでしょう。

「クレディセゾン」と提携のおすすめがこちら!

セゾン系クレジットカードの旅行保険比較表
セゾンブルー
アメックス
セゾンゴールド
アメックス
セゾンプラチナ
アメックス
券面 比較1:Saison Blue Amex 比較2:Saison Gold Amex 比較3:Saison Platinum Amex
国際ブランド Amex Amex Amex
年会費 3,000円 (税抜) 10,000円 (税抜) 20,000円 (税抜)
海外 死亡傷害 3,000万円 5,000万円 1億円
後遺障害 3,000万円 5,000万円 1億円
怪我治療 300万円 300万円 300万円
疾病治療 300万円 300万円 300万円
賠償責任 補償:3,000万円
免責:1,000円
補償:3,000万円
免責:1,000円
5,000万円
携行品損害 補償:30万円
免責:3,000円
補償:30万円
免責:3,000円
補償:50万円
免責:3,000円
救援者費用 200万円 200万円 300万円
国内 死亡傷害 3,000万円 5,000万円 5,000万円
後遺障害 3,000万円 5,000万円 5,000万円
入院費用 5,000円 5,000円 5,000円
通院費用 3,000円 3,000円 3,000円
手術費用 5,000円×10~40 5,000円×10~40 5,000円×10~40
適用条件 海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:自動付帯
家族
特約
[海外]
死亡傷害 1,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円
怪我治療 300万円 300万円 300万円
疾病治療 300万円 300万円 300万円
賠償責任 補償:3,000万円
免責:1,000円
3,000万円 5,000万円
携行品損害 補償:30万円
免責:3,000円
補償:30万円
免責:3,000円
補償:50万円
免責:3,000円
救援者費用 200万円 200万円 300万円
家族
特約
[国内]
死亡傷害 1,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円
入院費用 5,000円 5,000円 5,000円
通院費用 3,000円 3,000円 3,000円
手術費用 5,000円×10~40 5,000円×10~40 5,000円×10~40
適用条件 海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:利用付帯
海外:自動付帯
国内:自動付帯

こちらは、Amexとクレディセゾンが提携して発行するクレジットカード。
国際ブランドがAmexながらも、低年会費が売りのクレジットカードです!

実際、比較表を確認する限り、低年会費ながらも旅行保険は凄く優秀。
特に「セゾンブルー・アメックス」は「アメックス・カード」の年会費と比較して1/4ですが、ほぼ同補償の旅行保険を受けられます。

3枚中2枚は国内旅行保険が利用付帯ですが、3枚とも海外旅行保険は自動付帯!
従って、旅行保険を合算するときにも使えるクレジットカードなので、1枚持っておくのをおすすめします。

おすすめは「セゾンブルー・アメックス」

紹介した6枚のクレジットカードで、旅行保険がおすすめなのは「セゾンブルー・アメックス」です!

クレジットカードの旅行保険を比較するうえで大事なのは「怪我・疾病」の治療費、そして「携行品損害」の3つ。
もちろん他の補償も比較するのは大事ですが、この3つは特に利用の可能性が高いので重要になります。

今回のクレジットカード6枚を比較すると、セゾンブルー・アメックスの補償はゴールドやプラチナのクレジットカードと遜色無いレベル。
しかし年会費は3,000円と安いため、コストパフォーマンスが良いのです!

また家族特約も付いているので、Amex系以外のクレジットカードと比較しても、実は凄い旅行保険を備えていると言えます!

ちなみに、年会費は3,000円ですが、26歳未満の方はこれが無料に。
また、26歳以上の方も初年度は無料になるので、試しに使用してみるにも最適です!

そんなセゾンブルーアメックスは、電話連絡の取れる18歳以上(高校生不可)なら申し込みOK。
高額補償・低年会費・審査基準のどれを比較してもベストな1枚なので、おすすめのクレジットカードです!

他のクレジットカードの旅行保険も比較したい方はこちら!

当サイトでは、Amex以外のクレジットカードも比較しています。
以下から比較できるので、ぜひ参考にしてみてください!







タイトルとURLをコピーしました