クレジットカード旅行保険の比較サイト

クレジットカードには「旅行保険」を備えたものがあります。
海外旅行をするときなど、クレジットカードの保険に頼る方も実は大勢います。

そんなクレジットカードの保険ですが、性能は各クレジットカードによってバラバラ。
そのため、補償内容や補償金額はもちろんのこと、その他にも色々と比較しないと、保険の力を最大限に活かせません。

そうならないよう、当サイトではクレジットカードの旅行保険における比較方法を解説!
安心の旅行が楽しめるよう、クレジットカードの保険を比較する方法についてご覧ください。

旅行保険の何を比較するの?

クレジットカードの旅行保険を調べるうえで、比較すべき事柄を知るのは大事。
より手厚い保険のクレジットカードを選別できるので、比較すべきことは知っておくべきです。

とても重要なことなので、まずはこちらからご覧ください。

海外旅行における「補償内容/補償金額」

海外旅行保険の補償内容を確認しましょう。
クレジットカードの海外旅行保険では、基本的に以下の補償を受けられます。

補償名 補償内容
死亡傷害 海外旅行中のトラブルで死亡した場合に適用される保険。
この補償は傷害による死亡が対象であり、病気は対象外なので注意。
後遺障害 海外旅行中のトラブルで後遺症を患った場合に適用される保険。
症状に応じて保険の金額が変更します。
疾病治療 海外旅行中で病気でかかった医療費に適用される保険。
怪我治療 海外旅行中で怪我でかかった医療費に適用される保険。
賠償責任 現地にて、物を壊したり人に怪我をさせてしまったりした場合に適用の保険。
携行品損害 日本から持ち込んだものが壊れたり盗まれたりしたとき、補償してくれる保険。
この保険を利用するには、各クレジットカード毎に決められている自己負担額を払う必要がある。
救援者費用 現地にて、遭難トラブルなど遭ったときに適用される保険。

クレジットカードによって、付帯している補償が何か異なります。
例えば「JAL CARD(普通)」というクレジットカードは「死亡傷害・後遺障害」以外の補償が保険に含まれていません。

対して、それよりも年会費が低くても、充実した保険を備えたクレジットカードはあります。

JAL CARD (普通) エポスカード
券面
年会費 2,000円 0円
死亡傷害 1,000万円 500万円
後遺障害 1,000万円 500万円
怪我治療 200万円
疾病治療 270万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 補償:20万円
免責:3,000円
救援者費用 100万円

このように、クレジットカードによって付帯している補償はバラバラ。
また、クレジットカードやランクによって補償金額も異なるので、必ず比較しましょう。

国内旅行における「補償内容/補償金額」

クレジットカードの旅行保険を比較すると、海外と国内で内容が異なります。
例えば以下の比較表ですが、これはクレジットカード基本的な旅行保険の補償内容です。

  • 死亡傷害
  • 後遺障害
  • 入院費用
  • 通院費用
  • 手術費用

国内旅行保険は、一般ランクのクレジットカードだと基本的には備えていません。
備えていても、保険の付帯条件が利用付帯のクレジットカードがほとんどです。

それと比較して、ゴールド以上になると国内旅行保険付帯のクレジットカードは増加傾向に有り。
そのため、国内旅行保険を手厚くしたい方は、ゴールド以上のクレジットカードを比較すると良いでしょう!

家族特約

クレジットカードには、保険に家族特約が含まれているものがあります。

家族特約とは、簡単にいってしまうと「クレジットカード所有者の家族も保険の対象」となるサービス。
通常は名義人の方だけのところ、一緒に旅行される家族も保険の対象となる嬉しいサービスです!

そんな家族特約で比較すべきは、付帯しているかどうかだけではありません。
家族特約を比較するときは、必ず以下2点の比較をするようにしましょう。

  • 補償額
  • 対象範囲

まず「補償額」を比較するのは、名義人と家族特約対象では補償額が異なるからです。
名義人と一緒の保険内容を家族の方も受けられる訳ではないので、比較するのが大事になります。

続いて「対象範囲」を比較するのは、クレジットカードによって家族特約を利用できる親類に違いがあるため。
例えば、三井住友の発行するゴールドクレジットカードの家族特約を見てみましょう。

  • 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  • 本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

参照:クレジットカードの三井住友VISAカード

上記の通り、補償対象は「18歳以下の子供のみ」。
配偶者だったり両親(義両親含め)は対象外なのが分かります。

このように、クレジットカードによって家族特約の対象範囲は異なります。
そのため、この点も必ず比較するのを忘れないようにしてください。

適用条件 (自動付帯/利用付帯)

クレジットカードの保険には適用条件があり、それを満たさないことには利用できません。
そのため、適用条件の比較はとても重要になります。

適用条件を比較すると、具体的には以下の2点に分けられます。

自動付帯 保険の適用に条件が無いクレジットカード。
利用付帯 渡航費やツアー代など、当該旅行における移動費をクレジットカードで払った場合のみ保険が適用されるクレジットカード。

比較表から分かる通り、便利なのは自動付帯のクレジットカードです。

後述しますが、クレジットカードの保険は複数枚での合算が可能。
そのとき、比較表から分かる通り、利用付帯のクレジットカードでは旅行保険を合算できないので、自動付帯の方がおすすめです。

ちなみに、クレジットカードの各ランクにおける平均的な付帯条件は下記の通り。

一般 ゴールド プラチナ
海外保険 両方存在 自動付帯 自動付帯
国に旅行保険 利用付帯 利用付帯 自動付帯

あくまでも平均なので、クレジットカードによって付帯条件は異なります。
ただ、海外旅行保険に関しては自動付帯のクレジットカードは多いので、たくさんの選択肢があります!

どのようなクレジットカードを選ぶべき?

ここでは、旅行保険を重視するうえで何を比較すべきか紹介します。
海外旅行と国内旅行で比較すべきことが違うので、その点も含め確認してみてください。

海外旅行について

海外旅行保険で重要なのは「疾病・怪我」の補償です。
こちらが重要な理由は、実際に使う可能性が最も高いこと、お金が足りないと大変なことの2点が挙げられるからです。

次に重要なのが、適用条件の比較です。

高額補償の海外旅行保険(疾病・怪我)を備えたクレジットカードは、確かにあります。
ただ、訪れる国によってはクレジットカード1枚での旅行保険では心許ない可能性があることも。

その場合に合算を検討したいのですが、合算するには自動付帯のクレジットカードでなければなりません。
そのため、適用条件の比較は必ず行っておくべきです。

以上2点は、クレジットカードの海外旅行保険を比較するうえではマストな事項。
他にも比較すべきことはありますが、この2点だけは必ず比較しましょう!

検討中している方の中には、家族が居る方もいることでしょう。
その場合、海外旅行保険に家族特約が含まれているか比較してみるのもおすすめです。

国内旅行について

国内旅行保険では、そもそも補償が付帯しているかを比較しましょう。

国内旅行保険は、海外旅行保険と違い備えているクレジットカードの数が少なめ。
ゴールド以上のクレジットカードには備わっているので、前提として比較するならゴールドクレジットカードからとなります。

また国内旅行保険に限っては、適用条件が利用付帯のものも多め。
国内旅行保険が利用付帯のクレジットカードはプラチナランクにもあるので、適用条件の比較は行うべきです。

国内旅行保険の補償金額も海外旅行保険と同様、クレジットカードによってバラつきがあります。
ただ海外旅行保険と比較すると、各クレジットカードによる補償の大差はありません。

クレジットカードの年会費を比較するのが意外と大事

旅行保険を比較するうえで、意外と大事なのがクレジットカードの年会費。
というのも、クレジットカードの旅行保険は複数枚での合算ができるからです。
※死亡傷害/後遺障害は除く。

海外では、訪れる国によっては高額の治療費を請求されるのは有名です。
そのため、複数枚のクレジットカードを使って旅行保険を手厚いものにする方は少なくありません。

そんな複数枚のクレジットカードを作るにあたって、気を付けたいのが年会費。
当然ですが、複数枚のクレジットカードを作る=枚数分の年会費がかかるので、たくさん発行するとなると重荷です。

そういった背景から、合算を検討する方はクレジットカードの年会費を比較する方が良いのです。

ちなみに、年会費が少額や無料で自動付帯のクレジットカードは存在。
該当するクレジットカードをこちらで比較しているので、気になる方はご覧ください!

年会費無料のクレジットカード

付帯サービスの比較は後回しでも大丈夫

結論からいうと、付帯サービスの比較はしなくても大丈夫です。

まず保険を合算する方は、複数枚のクレジットカードを作ることになります。
その場合、低年会費のクレジットカードがおすすめですが、低年会費のクレジットカードには海外で役立つサービスが特に備わっていないため、こだわる必要はありません。

また、複数枚のクレジットカードがあってもショッピングには1~2枚しか使わないと思われるため、そのクレジットカードだけこだわれば、他は保険優先で比較すれば良いでしょう。

次にクレジットカード1枚で抑えたい方の場合、用意するのは高額補償を備えたランクの高いクレジットカードに絞られます。
高ランクには旅行に強いサービスを備えたクレジットカードも多いですが、そのほとんどが名称違いで同等のサービスなので、こちらも保険重視で比較して問題ないでしょう。

ただ、こちらのケースでクレジットカードを買い物にも利用する場合、ポイント還元率は比較したいかと。

ちなみに、クレジットカードにおける一般的な海外旅行関連サービスは以下の通り。

  • 空港ラウンジ無料利用
  • プライオリティパス無料発行
  • 手荷物宅配サービス
  • 海外デスクサービス
  • コンシェルジュサービス

当然ながら、こういったサービスは付帯している方が便利。
しかし、あくまでも保険が重要なので、その点を考え比較するようにしましょう!

旅行保険の優れたクレジットカード

旅行保険の優れたクレジットカードを決めるのは、非常に難しいこと。
というのも、状況や求める性能によって最適なクレジットカードが異なるからです。

例えば、海外旅行と国内旅行の保険でも比較すべき事柄は異なります。
また海外旅行保険でも、クレジットカード1枚で済ませる方と合算する方でも、作るべきクレジットカードは変わります。

そこで、当サイトでは旅行保険を備えたクレジットカードを徹底比較!
その比較結果から、各用途に合ったクレジットカード紹介するので、こちらをご覧ください。



















クレジットカード旅行保険の比較サイト
タイトルとURLをコピーしました